ミライヲラシク!

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

マレーシア映画『タレンタイム 優しい歌』を見てきたよ

こんにちは、ゆばしです。

先日、空き時間に一人で映画館へ。

2009年制作のマレーシア映画 『タレンタイム 優しい歌』を観てきました。とてもすてきな作品でしたので、紹介します。

マレーシア映画『タレンタイム 優しい歌』

予告編

 2009年制作の作品です。日本では今年春に公開されました。


映画『タレンタイム~優しい歌』予告編(「I Go」&「Angel」2バージョン連続版)

 

 『タレンタイム 優しい歌』あらすじ

舞台はマレーシアの高校。そこで開催される「タレンタイム」という音楽コンクールのような舞台を通して、様々な民族が暮らすマレーシアの人々の姿が描かれています。

主人公はムルーという女子高生。きれいな容姿で、特技のピアノでタレンタイムに参加しています。予告編では、ピアノときれいな歌声を奏でている本人です。

そんなムルーは、同じ高校のマヘシュという耳の聞こえない男の子に恋をします。

親族の殺害や宗教の違い、そして聴覚の障害など、様々な困難がある中で、多民族国家マレーシアの暮らしが作品の中に詰まっています。

 

この映画を見てから知ったことなのですが、マレーシアの国教はイスラム教です。しかし多民族国家として、他にもヒンドゥー教や仏教などの宗教も根付いているそうです。

信教の違いから様々な衝突もあるようなのですが、この作品の中にも「宗教の違い」が「抗えぬもの」として登場します。日本人の私にはまだまだ理解が足りないところです。

 

『タレンタイム 優しい歌』感想

f:id:yu-eagles:20170812180116j:plain

ここまで簡単に作品について紹介してきましたが、私の感想は「とても新鮮な世界が詰まっていた」というものです。

今まで邦画や超メジャーな洋画しか見てこなかった私には、マレーシアという同じアジアでも決して近くない国家の作品を見るということはとても新鮮でした。

宗教や民族というとても繊細なカテゴリーの話題は避けますが、それでも「個人の思想を超えた大きなもの」を感じさせる物語には、何か寂しさのようなものを覚えたのです。それが「宗教の違い」であり「民族の違い」なのでしょう。

 

そして、もう一つ新鮮に感じられたこと。それは、

「遠い国家に暮らす人と日本に暮らしている自分に、共通点を見つけて感情移入できたこと」でした。

「人間の普遍性」なんてカッコつけた言葉ですが、作品を約2時間見ている中で、自分と近い年齢で遠い国に住む若者が「抗えぬ何か」に自分と同じようにぶつかり苦しみ、もがき、悪戦苦闘している姿。

異文化を旅行しているような気分にもなり、また自分の姿を登場人物に重ねたりもする。知らないことを知ることが出来て嬉しい気持ちになり、反面自分の未熟さにも気付いてしまう。

 

なんども言いますが、初めてのマレーシア映画はとても新鮮なものでした。

 

『タレンタイム 優しい歌』上映館など

数は少ないですが、まだ上映している映画館が全国にあるようです。

詳しくは公式サイトをご覧ください。詳しい解説なども掲載されていますよ。

www.moviola.jp

 

さいごに

今回は、マレーシア映画『タレンタイム 優しい歌』を紹介しました。

実際に見たよっていう方、ぜひ感想を教えてください。

次は『君の膵臓をたべたい』を早く見に行きたいと思っています。