ミライヲラシク!

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

【深い自己紹介を目指す】ゆばしのプロフィール

f:id:yu-eagles:20171105142729j:plain

こんにちは、ゆばしです。

今回は私の自己紹介記事になります。

以前にも簡単なプロフィール記事を書いたことがあるのですが、もっと詳しく書いてみたい、読者に自分を伝える努力をしたい、そう思ったことがこの記事のきっかけです。

「私」のことを知ってもらって、このブログに興味を持っていただければ嬉しいです。

まずは簡単な自己紹介

岩手県に住んでいる20代前半。生まれも育ちも岩手です。本州一大きな県って知ってましたか?

放送大学という通信制の大学で心理学を学んでいます。間も無く卒業予定。

メガネをかけてます。身長は180センチを目指したけど1センチ足りなかった。

略歴 

両親は教師。ちなみに祖母も教師。教師家系で育ちました。

小学校の時は合唱部、中学校の時は運動部。目立つのは好きだが臆病という変な性格だった少年時代。

高校に進むもいじめを経験して中退。高卒認定試験に合格した後、都内の大学に進学。ここで専攻したのは臨床心理学。中退した時に出会ったカウンセラーの影響です。

大学では写真サークルに所属して写真と出会う。写真展の雰囲気とかカメラのゴツさとか、とにかく写真にのめり込む。のめり込みすぎてサークルの長になるが、激務すぎて精神的に倒れる。そのまま大学を休学、中退。抗うつ薬を毎日飲む生活になる。

現在は実家で放送大学の学習に専念しています。今年の夏から短時間でも働きたいと思っているますが、同時に心理学で大学院に進みたいとも考えています。

性格

幼少時は大人しくて優しい男の子って周りから言われてました。が、大人になった現在はかなり変わったと個人的には思います。

  • とにかく自意識過剰
  • 他人の些細な言葉に意味を考えるくらい理屈っぽい
  • 失敗は怖いが大チャレンジもしてみたい
  • 普段から思考ばかりグルグル動いている
  • 人間の内面に興味が集中している

趣味

  • 読書(最近趣味にしようとしている)
  • カメラ(ずっとニコンを使ってるが最近オリンパスが欲しい)
  • 旅行(今も昔も鉄道が好き)
  • グルメ(ラーメンには目がない)
  • 野球観戦(東北楽天ゴールデンイーグルスのファン)

 

詳しいプロフィール 

ここからはちょっと暗い話が続きます。そんなの読みたくないよ!!っていう人はこちらへ

〜中学生まで

小学生時代は結構楽しかった思い出が多い時期です。

担任の音楽の先生の影響で合唱部に入っていて、メゾソプラノというソプラノとアルトの間のパートで副リーダーをやっていました。

他にもパソコン部部長とか飼育委員長をやっていて、リーダーになって皆をまとめることに達成感を感じていた時期でした。

しかし、この時期に父親が身体に障害を持ち仕事を退職。アルコールにブレーキが効かなくなり家庭で上手くいかないことも増えました。

 

中学校に入学すると環境がガラリと変わりました。

神経質な性格が影響してか、小学校とは違う中学校のドライな雰囲気に圧倒されて、それに重なって部活の顧問と上手くいかなくなり学校へ行かなくなります。

その間家にずっと引きこもってホームページを自作して遊んで過ごしていました。

その後、3年生で久しぶりに復帰。高校進学前の時期をなんとか学校で過ごしました。

 

高校生時代

「地元の高校には行きたくない」という考えから、自宅から離れた私立高校へ進学します。

入学してすぐ。4月にいじめを経験します。全員からの無視、財布の中身を全部出してちょっかいを出される、クラスメイトから囲まれて変なポーズを携帯で撮られる。体育ではボールが一切回ってこない。かなりしんどかったことを覚えています。

この時に一番辛かったのは、両親や担任、保健室の先生といった「助けてくれるはずと思っていた大人」に「SOSを伝えても助けてくれない」と感じたことでした。

(時間が経過した今考えれば、自分も悪いところはあったと思うし、いじめをする側にも事情があるのだろうと感じます。両親に関しても目を向ける余裕がなかったのかもしれません)

 

やがて高校には行かなくなり、翌年に休学。翌々年に退学します。

その間、近所の精神科に通うようになり、そこでカウンセリングを受け始めます。ここで救われたことが自分の人生でかなり大きかった。ちなみに診断名はPTSD(心的外傷後ストレス障害)でした。

今までの自分はカウンセリングと聞くと、なんだか胡散臭いって感じて敬遠していたのですが、この時に出会ったカウンセラーさんと相性がいいって感じられたこともあって、虐めのトラウマは徐々に落ち着いていきます。

 

高校中退からの大学進学

高校を中退して真っ先に取り組んだのが、高卒認定試験の合格でした。目的は大学に進学するため。高校までの上手く行かない欲求不満を全て大学生活にぶつけようと決心したのです。

高校で取得した単位があり試験科目が少なかったこともあって、半年程勉強して合格します。

高卒認定に合格後、「どこの大学に行こうか」「実家から離れるか、残るか」「専攻はどうするのか」「国立か私立か」など、誰しもが悩むことを私も悩みました。

ここで私は、実家から離れて東京の大学に進学することを選びます。親を説得してひたすら机に向かって、なんとか現役世代と同じ18歳で志望校に合格します。

最初にも書きましたが、大学で専攻したのは臨床心理学。実体験となりたい自分が一致した初めての経験でした。人の心の問題を、学問的に研究して治療に応用する。カウンセリングという非現実的な空間の出来事をもっと知りたいと興味を持ったのです。

 

大学で出会った写真

現在の自分を構成する大きなものに「写真」があります。このきっかけは大学時代に所属していた写真サークルです。

もともと何かの形で表現をしてみたいと思っていたけれど、具体的に何も出来ずにいました。そんな時期に出会ったのが写真でした。

写真を好きになった大きな理由の一つに、「写真展の雰囲気が大好きになった」ことがあります。サークルでは年に2度、都内のギャラリーを1週間貸し切って写真展を開く機会がありました。期間中はそこに在廊するのですが、静かなBGMが流れて間接照明が写真を照らしている、あの雰囲気が大好きになったのです。

私は入部してすぐにNikonのD3100というエントリーモデルの一眼レフカメラを池袋で買って撮りまくりました。やがて機能面で満足いかなくなり、同じくNikonのD7000を購入。その後アルバイトを始めたこともあって、最終的にはフルサイズ機のD600を使うようになります。今思えばすこし贅沢だった気もしますが…。

 

この写真サークルで交友関係もものすごく広がり、同じサークルの彼女が出来て、やがてサークルの部長をするようになります。しかし、この時自分は無理をしていたのです。

 

抗うつ剤を毎日飲む生活

写真サークルの活動で必死になっていた自分。大学の授業なんてそっちのけでした。

結果単位はほとんど落とし、4年間で卒業できるかかなり怪しくなったのです。奨学金を借りていた自分としては滝汗物で焦りました。

授業に出なくてはならない、強迫的にそう感じて向かった新学期。教室の目の前で動けなくなっていました。恐怖という感情が湧いてきて教室に入ることが出来なくなっていました。視線恐怖といえばいいのか、大人数いる教室に独りでいることが辛かった。

サークル活動で部長になった自分は責任も業務も増え、全部一人で抱えてしまっていました。授業に行けない焦り、奨学金の焦り。当時はアルバイトも月80時間ぐらいやっていたのでその体力的負担もありました。

向かった心療内科。毎日苦しい死にたいと思っていました。不眠に悩まされ、身体は原因不明の火照りでいつも汗をかいているような状態でした。今思えば結構おかしくなっていたんだと思います。

やがて大学を中退。自宅で学習できる放送大学へ編入したのです。

実家に帰った現在

昨年の2月に岩手県の実家に帰ってきました。きっかけは倒れたから。もう戦闘不能状態でした。

現在は通院も服薬もしておらず、自己コントロールで何とか出来ないか模索中。

両親とは昔から上手くいっていなかったので、一緒に住むことによって新たに上手くいかないことも増えましたが、それでも両親にすぐに直接話すことができる環境は良いと感じています。

当時から付き合っている彼女とは今も続いています。遠距離恋愛ですが、彼女の支えは自分の大きな支えになっていると実感しています。同時に彼女に大きな負担をかけてしまったという後悔もあります。

 

ブログ名の由来

長々と書いてきましたが、今までの自分の人生が「思ったように上手くいかない」ことが他人より多いと思って生きてきました。実際にはそんなことはないと今は思えるのですが、以前は本気でそう考えていました。

そんな中で、「しくじった経験」を「これからに活かすことはできないのか」という考えから「しくじる毎日」というブログタイトルにしました。これが由来です。

 

これからの目標

このブログを通して自分を受け入れられるようになる。そして前向きな未来を創っていくことを目標にします。

同時に、自分のことばかりではなく他の人のことを考えて思いやれるような心の余裕を持って生活できるようになることも目標です。

個人的な目標

短期的な目標は以下のようなものがあります。

  • 放送大学を卒業する
  • 心理学で大学院に進学する
  • 自分で最低限の生計を立て、実家から自立する

地道に続ければ自己実現に辿り着けるはず、そう信じたいですが、中々難しいことも日々痛感しています。

ブログの目標

  • 私と同じ経験を持った人、同じ壁に当たっている人の何かしらの手助けができるような記事を発信する
  • 日々の少しの時間をこのブログを読むことで過ごしてもらえるような記事を発信する
  • 書き続けることによって自分の思考の整理、前向きな未来を作り出す

「読者」と「筆者」を結びつけることは難しい技術であると痛感しています。「自分よがり」ばかりにならず、長く続けていけるブログにしたいと考えています。

ブログに関する最近の悩みは、自分のアイコンを持ちたいということ。自分の表情が伝わるアイコンが良いと思うのですが、壊滅的な画力しか持ち合わせていないので悩んでおります。

 

ここまで長い文章を読んでくださり、本当にありがとうございました。感謝です。

ブログやTwitterで反応をいただければ、泣いて喜びます。いつでもお気軽にどうぞ!

ゆばし@はてなブログ (@46active) | Twitter