ミライヲラシク!

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

「将来」を書こうとしたけど、何も書けなかった

f:id:yu-eagles:20170618024401j:plain

2017年6月。僕は今、放送大学の学生をやっています。

【放送大学】来学期は21科目42単位履修します。目指せ卒業! - しくじる毎日

 

このまま順調に進めば、9月に卒業することになります。晴れて大卒になれる訳です。

 

でもここで疑問が浮かんでくるのです。

「通信制大学を卒業したら、将来どうすればいいの?」

 

今の場所から先へと進む為に。

このブログを土台にして「どこへ進みたいのか」考えたのです。

「将来」ってなに?

「将来」という言葉、なんとも曖昧です。

未来、この先、明日、来年、歳をとったら…。

 

僕が将来を考えるときにいつも前提として思い出すことがあります。

それは「過去」です。しかも「過去のマイナスな記憶」が多い。

うつ病、不適応、挫折…。

 

「過去の負の記憶」を乗り越える為に「将来を明るく見る」。

これは僕には難しいことです。

 

過去のための将来は嫌。なので、

「将来楽しく過ごして幸せを感じたい」

ことを基本に「将来」を考えます。

 

「将来」人と触れ合うことを生きがいに感じたい

f:id:yu-eagles:20170618035207j:plain

現在はコンスタントに人と触れ合う時間がありません。

両親とのコミュニケーションと、彼女との電話くらいしか話さないのです。

 

どうして人と触れ合う機会が少ないのか。

それは大学での挫折からのうつ病がありました。

 

一人暮らししながら大学に通っていた頃は、

毎日人と触れ合うのが楽しい、一人でいるのはもったいなく感じる、

くらい友達と遊び歩いていました。

 

しかし徐々に体調が悪化し、アルバイトで疲弊し、奨学金の額に恐怖を感じる毎日。

気がつけば、うつ病を再発していたのです。

 

そして大学を中退し、実家に帰省しました。

 

実家の中で独りで過ごす時間が増えて思うこと。

 

「もっと人と話したい」

「もっと広い世界で活躍したい」

「人との享受を生きがいにしたい」

 

こう思えるようになったのは、うつ病が良くなってきたことも理由の一つだと思います。

 

「将来」のために「今」から力を身につけたい

f:id:yu-eagles:20170618035220j:plain

僕は最近、読書をするようになりました。今年だけで30冊は読んでます。

 

普通に友達と遊びながら大学に通っていた頃は、ほとんど本を読みませんでした。

今から過去を振り返ると、物凄く勿体無いことをしていたと感じます。

 

読書をする。それは必ず「見えない力」になると信じています。

 

読書をする。それには「毎日の余裕」が無いと出来ないと思います。

 

毎日、少しずつの余裕を感じられる。

そこから色々な場所へエネルギーを使うことができる。

 

この毎日の積み重ねが、将来につながるのだと思います。

 

「将来」未熟なままでも社会に出る度胸をつける

f:id:yu-eagles:20170618035230j:plain

未熟なままで社会に出る。

人によっては、「迷惑な話」「ちゃんと大人になって社会に出るものだ」と思うこともあるかもしれません。

 

僕は自他共に認める、

「ねばならない」「するべき」思考なのです。

 

つまり、

「役に立たなければ社会に出てはならない」

「しっかりとしたスキルを身につけてから社会に出るべき」

という考えがあったのです。

 

でも現実はどうでしょうか。

確かにしっかりとしたスキルを身につけて社会に出ていく人もいます。

 

しかし、

「社会に出てから、様々なスキルを身につけて順応していく人」

もたくさんいらっしゃいます。

 

僕は後者になりたいと思いました。

 

今の場所から出来ること、現在の地点から将来にある社会へ飛び込む度胸

この2つを大切にしていれば、前に進めるんじゃないかと思うのです。

 

「現在」の積み重ねを「将来」に残す「ブログ」

毎日の行動、その積み重ねが大切に感じることを書いてきました。

このブログは「毎日の積み重ね」を形に残しておけるものだと思います。

 

さらに、このブログは「人と関わり合える」可能性も持っているのではないか。

 

「知識」「ライフワーク」「人生観」「人間の奥深さ」。

こういうものを形にしてくれて、様々な人の素敵な姿が見えてくる、

 

「ブログを大切にしていきたい」

 

そう感じるということを伝えたくて、ここまで書いてきました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▽こちらの記事にたくさんの影響を受けてこの記事を書きました。

3years.hatenablog.com

私のお気に入りのブログの一つです。ぜひ。