ミライヲラシク!

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

【FP3級】合格証書が到着!独学の学習時間やオススメ参考書まとめ【10日で合格】

こんにちは、ゆばしです!

平成29年1月に受験したFP3級(ファイナンシャル・プランニング技能検定)の合格証書が先日自宅に届きました!

今回は報告も兼ねて、「FP3級」を受験するにあたって必要な勉強時間やオススメの参考書など、受験して感じたことなどを大まかにまとめていきたいと思います。

FP3級の試験結果と合格証書(FP協会)

僕が受験したのはFP協会の平成29年1月の試験。

この回は「過去問に無い出題が多かった」傾向が強かったと思います。

試験結果

正式な試験結果は合格証書と一緒に届きます。以下が僕の結果。

  • 学科試験 47点/60点満点 合格
  • 実技試験 75点/100点満点 合格

ちなみに試験直後に自分で自己採点した結果はこちら。

active46.hatenablog.com

自己採点と同じですね。解答はマークシート形式なので、一列間違えて塗りつぶしてたら自己採点と全然違う結果が返ってくることになります。ここ注意!

FP3級の合格証書

先日到着した合格証書がこちら。

資格って「合格証書を受け取った時の満足感」がいちばんの嬉しさだったりします。

f:id:yu-eagles:20170318140144j:plain

FP3級は「仕事ですぐに役立つレベルでは無い」ということを考えると、「合格した満足感」というのは大切だと思います。

独学で短期集中で十分対策を取れる試験です

FP3級は「お金」にまつわる知識を浅く広く捉える試験です。つまり、

「日常生活でお金に興味があれば受かる」

ということです。

オススメの参考書

「お金に興味がある」なら受かると書きましたが、試験対策は必要です。

僕が使ったテキストは「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2016-2017年」です。

合わせて過去問題集「みんなが欲しかった! FPの問題集 3級 2016-2017年」も使用しました。

このテキストを大まかに捉えられれば独学で十分に合格できます

オススメの勉強法

FP3級は「広く」「浅く」出題されます。そして「択一式」です。

つまり、問題と4択の解答を見たときに「あ、これが正解っぽい」って気付くことが出来るようになれば合格できます。

僕は、参考書を何回も往復して、過去問題を解きました。

参考書に付属している「試験問題をコンパクトにまとめたPDF」を有効活用するのがオススメです!

実際に受験して感じた3つのこと

1, 試験前に電卓を用意しておこう

僕はここを忘れていて、試験直前に慌ててAmazonで購入しました。

カシオ スタンダード電卓 時間・税計算 ミニジャストタイプ 12桁 MW-12GT-N

カシオ スタンダード電卓 時間・税計算 ミニジャストタイプ 12桁 MW-12GT-N

 

 試験は電卓の持ち込みが可能です。問題の中には少し複雑な計算が必要なものがあります。電卓を用意しておきましょう。

ただし、「そろばん不可」「関数機能やプログラム機能があるもの、大きさが26cm×18cmを超えるものは不可」という条件が決められていますので、実際に受験表を確認して用意するのが無難です。(FP協会受験の場合)

会場の冷暖房に注意

僕が受験したのは真冬の1月だったのですが、「会場が暑かった」ことを覚えています。

どんな試験でも当てはまりますが「体温調節」できるように、服装に注意したほうがいいです。

「短期集中」でも「一夜漬け」は良くない

これも当たり前のことですが、試験前日は寝たほうがいいです。

記事の最初に「短期集中」とか「独学でなんとかなる」って書きましたが、「試験前日に安心して眠れるように、前から用意しておく」ことを心がけたほうが無難です。

もし前日まで全く手をつけてなかったのなら、そうなったら仕方がないです。

まとめ

以上、FP3級を受験して合格証書が届いたというお話でした。

次のFP試験は平成29年5月28日(日)です。今からでも間に合います!

3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱 | 日本FP協会

僕は、次の目標でFP2級に合格したいと考えてたりします。

「お金の知識は絶対に必要」ですから。