ミライヲラシク!

つまづいてばかりのこれまでを「変えていく」足跡ブログ

【放送大学】単位認定試験振り返りと、23歳学生が大学に思うこと

f:id:yu-eagles:20170206022148j:plain

放送大学の2016年度第2学期の単位認定試験が終わりました。受験した科目など、簡単にまとめておきたいと思います。

 2015年秋に全日制の私立大学をうつ病を理由に中退して、編入したのがこの放送大学。前回は試験を受けなかったので、編入後2回目の単位認定試験です。

臨床心理系4科目を受講

今回僕が試験を受験したのが以下の4科目。

  • 乳幼児・児童の心理臨床
  • 思春期・青年期の心理臨床
  • 中高年の心理臨床
  • 心理臨床と身体の病

本当は語学科目も1つ受講していましたが、受講していて全然頭に入ってこなくて、試験前日に諦めてしまいました(笑)。

「放送大学を卒業」にも意味がある

最初に書いたとおり、僕は当初は全日制の大学に入学しました。だけど3年半で辞めてしまいました。「精神的なもの」って一言で言ってしまえば簡単ですが、でも続けられなかったのは事実です。

そんな僕が次のステップとして見つけたのが「放送大学」です。編入学してから1年ちょっと経ちますが、今の結論としては「これでよかった」と思っているし「とりあえず放送大学を卒業する」という目標があります。

世の中には、「通信制大学を卒業しても職がない」とか「そんな誰でも入れる」とか「よくわからないけど放送大学ってたまに聞くね」っていう人が結構います。一年前の僕もそうでした。でも入ってしまえば関係ないんですよね。案外、その辺の私立大学より落ち着いて勉強できるんじゃないかって思ったりもしてます。

「放送大学教養学部」で教養を身につけた若者はどうするの?

これは僕自身もまだ悩んでいるところです。上に偉そうに書きましたが「放送大学卒業で大卒になれる」のは事実ですが「だからといって職がない」のも事実。ここは大学に期待しちゃダメです。全部自分で補って探して繋げていくしかないです。でもこれってすごく難しいですよね。厳しい時代です。税金に年金に携帯代に学費。

それでも若者が放送大学で学ぶ意味はある

僕はうつ病で全日制の大学を中退しました。中退を選ぶ前に休学を2度しました。でも治らなかったんです。じゃあどうするか。「休学費を払って休んで、復帰したら友達が誰もいない環境で自分より何歳も若い学生に混ざって冷や汗かいて勉強するか」「放送大学で自分のペースでゆっくり大卒を目指すか」。僕は後者を選びました。僕はこれで良かったと思っています。

 

放送大学生の皆さん、単位認定試験お疲れ様でした。もう少しで来学期の科目登録が始まりますが、僕は「22科目」を半年で受講しようと思います。かなり多いですが、これを取れば卒業なので頑張りたいと思います。皆さんもゆっくり進んでいきましょう。

 

active46.hatenablog.com